qaエンジニアの求人で求められるスキル

Quality Assuranceエンジニア(qaエンジニア)は、製品の品質を管理するエンジニアのことです。以前より、海外ではメジャーな職種であったものの、日本ではテストの重要性に対する認識不足のため、開発エンジニアほど重要視されていないという傾向がありました。

しかし、昨今は、製品サイクルが短く、リリースのタイミングが早くなったことや、高機能・多機能の製品が多くなり、単体テストや結合テストだけでは不具合の検出がカバー仕切れなくなっていることから、品質管理のクライアントの視点に立ってテストを行い品質の管理を行う「品質のスペシャリスト」た必要という認識に変わりつつあり、求人も増えています。

会社や対象の製品によっても異なりますが、仕様書や設計書のレビュー段階で不具合が起こりそうな個所を指摘したり、ユーザーがどのように使うのかを考慮して必要なテストパターンを考えたり、ユーザーが直感的に使うことができるか、ドキュメントを見ながら使うことができるかなどをテストしたりします。「qaエンジニアに必須のスキルは特にない」と言われることもありますが、仕事を続けて行く中で、開発エンジニアと同等の知識を身に付けていく必要はあるといえるでしょう。

何かプログラミングの言語を習得していると、テストの自動化などの業務改善に役立てることができまし、テスト経験があることも望ましいです。また、その製品が好きな人はその仕事に向いていると言われています。